クマブロ

家族と別居中のペットとLIFEの雑記ブログです

会社の飲み会には参加するべきか

年末年始等の季節事に応じて飲み会は集中して多くなるのではないでしょうか。

まず賛否両論あるでしょうがタイトルのとおり会社の飲み会には参加するべきかについて結論を先に言いますと、必要ではないと答えます。

すべてとは言いませんが必要、不必要の飲み会について書いてみましたので一読頂ければ嬉しいです。

 

同じ職場全体での飲み会は参加しなくていい論

1、ほとんどの場合同じ職場では嫌いなタイプ合わないタイプがいる

人はそれぞれ趣味思考が違うので嫌いなタイプや合わないタイプがある程度職場に在籍していると利害関係は構築されているのではないでしょうか。それを飲み会での短時間でコミュニケーションを図りたいと思っても非常に難しいでしょう

 

2、付き合いだけの参加は時間の無駄

会社の上司や同僚など飲み会にはくるでしょうが、お酒が飲める人飲めない人、話すのが好きな人そうでない人、自分にとって好きな人嫌いな人、仲の良いグループ同士で場ができている等と大人数になればなるほど分かれるでしょう。

そんな中で回りから何か自分だけ特別な情報や今後につながる様な利益が入手できるとかと言うとおそらくほぼ無しではないでしょうか。

確かに付き合いも大事ですが、何の情報や利益もない、しかも飲み会代は自腹となると時間の無駄だと思います。

要は会社は仕事する場であって飲み会で仕事挽回みたいな事を期待するのではないとおもいます。

時間もお金も沢山あるなら話は別ですが・・・

 

3、飲み会は少人数で付き合いの良い同士のほうが合理的

とはいえ全ての会社の飲み会は無駄ではなく、気が合う同僚や尊敬している上司との少人数に限られたメンバーで行く場合は同じ飲み会でも情報の質が違うとおもいます。

尊敬する上司や仲の良い先輩や同僚がいたとする場合も誘われたなら絶対無理してでもこの場合は行くべきです。この場合だと自分の悩み等も相談しやすいし普段の会話では出てこない有益な情報も入手しやすいです。会社全体の飲み会よりもコミュニケーションは深く図れると思います。

人数的には4人位までがベストかなと思っています。

 

4、部下に誘われたなら断るべからず

部下に誘われると言う事は、あなたに多少なりとも興味がありますよと言う事なので可能な限り付き合った方がいいでしょう。今後自分の仕事を円滑に進めていく為にも人を上手に使って行くほうが当然仕事もはかどります。全て自分でやるとなるとストレスになりますので部下を含めなるべくたくさん協力者を増やしましょう、逆に人を上手く使えない人は嫌われます。

 

まとめ

今の若い20代の世代は飲み会も仕事の内だから賃金を発生させて欲しいとの声もあります。私の世代からしたら考えられない発言ではありますが今はこういった声もあるのは事実です。しかもお酒を飲まない人も増えているそうですので、そりゃあ中々上司や先輩たちも若い人を飲み会に誘いづらくなっているのではないかなと思う点はありますよね。後は誘っといて割り勘させる上司もいますし誘ったからにはおごってあげようよと本気でおもいますね上司ならね。会社も上司にはこういった所大変だから飲み会手当てみたいな闇の手当てを作ってあげて欲しいなとも思いますけど・・・

 

ともかくこれから先は昔のようないい大学卒業したからとか、仕事に役立つ資格があるとかでは生きていけるとは言えないと思う。

若い世代から50代までもまだまだ自分磨きが重要だと思います。今後、自分だけでなく家族の為にもお金と時間は限りありますので大事にかつ有効に使いましょうという結論で終わる事にします。